医師による診断書は重要なポイントになる可能性があり軽視できないため保存管理しておくことが何よりも大切

病気でお金に困った場合

聴診器とハート

アドバイスや費用などの基礎知識を知る

うつ病は、近年若い人を中心に多発しています。もちろん、年配者以降の人でもうつ病になる人は少なくありません。なぜこのような問題があるかといえば、景気が悪いと判断されているからです。実際に会社によって景気が良いところもあれば悪いところもありますが、景気が悪いと判断されており社員も頑張るだけ頑張ってみたけども何の希望も見えなければ精神的に参ってしまいます。それがうつ病の原因の一つです。このような場合、まだ会社に行くことができる状態ならばそれほど問題ありません。しかしながら、会社に行くことができないほど病んでいる場合にはもはや生活すら難しくなるでしょう。このようなときは、傷病手当金をもらって生活を維持する方法があります。傷病手当金は、国からもらうことができるわけではなく、健康保険組合の方で支払うことになっています。これにより、生活を維持することは十分可能になります。この時、会社の方にうつ病の診断書を提出することが必要になります。最初に診断してもらった病院に行き、診断書をもらいましょう。

うつ病で傷病手当金をもらう場合、相場は一体どれぐらいになるでしょうか。もらえる金額に関しては、特に決まっているわけではありません。ただ、全く決まっていないかといえばそのようなこともなく、給料の2/3とされています。厳密に言うと、毎月の報酬額の2/3になりますので、ボーナスなどが出ている場合でもボーナスの分は加算されません。つまり、純粋に毎月の給料の2/3と考えておけばよいでしょう。なぜ2/3になっているかは明確ではないものの、おおむね給料の2/3をもらうことができれば何とか生活を維持できると考えられている傾向があります。そのため、普段からぎりぎりの生活をしている人にとっては、かなり厳しい金額になりますのでその点は覚悟しておく必要があります。うつ病で傷病手当金をもらうことができる期間は、申請を受けた時から1年半になります。つまり、1年半の間にうつ病を治さなければ傷病手当金が打ち切りになってしまうでしょう。傷病手当金をもらっている間も、定期的に病院に通い治療をすることが必要です。

Copyright© 2019 医師による診断書は重要なポイントになる可能性があり軽視できないため保存管理しておくことが何よりも大切 All Rights Reserved.