医師による診断書は重要なポイントになる可能性があり軽視できないため保存管理しておくことが何よりも大切

休職中の救済措置

悩む男性

積極的に調べて知っておく事が大切

うつ病患者は今や15人に一人とも言われる時代です。しかし、同時に女性の社会進出などもあり、社会に出て働いている人の人口は増加傾向です。うつ病が原因で仕事を休む必要がある人ももちろん少なくはありません。しかし、仕事をしないと給与が貰えず生活困難になってしまいます。所得が減ってしまう事を懸念して必要な期間しっかり休む事が出来ない人が多いのもまた事実です。また、うつ病は長期間の治療が必要になりますが、手術が必要なような病気ではありません。基本的には入院などもなく投薬と外来通院での治療となるため、民間の生命保険や医療保険が下りないのです。そこで活用できる制度が傷病手当金です。会社を休んで迷惑を掛ける上にお金を請求するのは心苦しいと感じてしまわないで下さい。傷病手当金は職場が払うわけではなく、出所は健康保険です。申請にあたっては専用の書類に必要事項を記入して然るべき窓口へ請求するだけです。企業は勤めている人は基本的には職場への相談で良いでしょう。傷病名など主治医記載の欄もあるので、かかりつけ医への相談も大切です。

傷病手当金の申請を行うにあたって気をつけるべき事がいくつかあります。まずは、同時に貰えない助成があるという事です。それが失業手当です。うつ病のため仕事が出来ない人を救済するための傷病手当金ですから、再就職に向けた人の助成である失業手当とは真逆のベクトルになります。そのため同時にもらうことは出来ないのです。また、傷病手当は受けられる期間が決まっています。1年半が期限と決まっているので、それ以上は延長する事ができません。うつ病は改善と悪化を繰り返し長期的な治療が必要になるため、どの程度の期間の休職になるかはその人それぞれですが無期限で受けられる手当ではないという事は知っておく必要があります。このようにいくつか条件はありますが、以前は出来なかった、出産手当金との併用なども出来るようになるなど緩和された条件もあります。傷病手当金については病院や職場で積極的に申請を教えてくれない場合もありますから、何より大切なのはしっかり自分で調べて、使える制度は使う、貰えるお金は貰う事なのです。

Copyright© 2019 医師による診断書は重要なポイントになる可能性があり軽視できないため保存管理しておくことが何よりも大切 All Rights Reserved.